お金の特性を考える

投資信託を始める前に、お金について少し勉強をしましょう。

単純にお金がたくさんあればと思いがちですが、お金について詳しく知るともっと冷静に向き合ったほうがいいというのがわかります。 お金について勉強すると、まずお金は絶対的な価値があるというものでないというのがわかると思います。

モノに値段はついていて、日本国内ではすべて円が基準でその価値を表示しています。 しかし外貨などと比較すると一日たりとも同じ価値で定まっていないというのがわかります。

国内では変わらないので問題ないというのも短絡的です。 インフレやデフレという現象でお金の価値というものは変化しているというのは最近は感じることはないですが、確かに変動しているのです。 つまり貯金をしていてもインフレが起これば意味がないということもわかると思います。

現金を含め、物の価値は変動する

昔の額が今の価値でなくなることもありえるのです。 そういうことからお金を貯めこんだり、現金を持ち過ぎるというのはリスクで、そのリスク分散のために不動産にしたり、金いわゆるゴールドにしたりあるいは現金でも外貨という方法もあります。 また、投資信託を持つのも一つの手です。

最近ではビットコインという仮想通貨も登場し、お金というよりも資産という考え方で増やしていくことが重要だということです。 金利のこのとや金融商品についても勉強するとちょっとした数字の違いで後々大きく影響することもあるので一喜一憂することなく冷静に向き合うことが大切です。

そしてお金は持ちすぎても意味がなく、適切な額が存在するということも自分自身で自覚することが大切です。 宝くじで大金を持ってしまったために人生が狂わされる人も少なくないといいます。